女の人の反応の中心で愛を叫ぶ

(恋愛は)当事者の女性にとっては非常に大切である生活のビジョンでなければならない。
つまり男性が自分の生涯の身につける専門なり職業なりを選択するほどに真面目な感情で男性を選別しなければならない。

二人で出かけた日、最後は余韻を残したままにして、もっともアツい時間帯で進んで離れ離れになると、今度のチャンスもぜひ楽しく会いたいと思わせるという現実があります。

わたしと同世代のオンナの状況はどうなんだろ!?同じ価値観の男子が好きだけど、センスが悪い人だったらがっかりですね。

キスをする事でパートナーの本当の性格まで意識せずに知ってしまうのだ。
実はキスは容易に言うと二人の唾液の交換で、それに含まれている情報で性格をチェックしている。

ラブロマンスといってもやっぱり愉快な会話のできる関係でないと飽きるものなのかなあ。
友達の夫婦は問題が絶えず辛いと言っていたけど、結婚相手がいるだけうらやましい(-_-;)。

恋人ができないのは自分自身の評価が高すぎるサインなのである。
自分自身の評価が高すぎると恋愛までの間にあるハードルを上げる結果になっている。
自己評価がゆるすぎない人は、恋愛のハードルの高さを低くできているという違いがある。

理想をいえば夫婦になってもチューができる男女関係を持続したいよ。
そうかー、面倒な一日を終えた後の幸福なヒトトキは彼氏と居たいものだねェ~。
ちなみに元彼とのエッチがラブロマンスの後遺症になるとか。
どうだろう・・・。
男の子って、男ごころをうまく利用すると案外コントロールしやすい生き物でしょうね(^^;)。

実際のことはあたしにはわからないけど、結婚相手に求める目標は高いらしい。
それはそうと育児の腕を上げたら男の子はそういう家庭的なフェミニズムにラブラブかも。
独り身だとひまなときに時を構わず遊びにいけるし生活が単純でいいんだけどなんとなく空しいよね。
いざというときはアタックできる勇気は必須ですよね。

女性は聞く事よりも話役になる事が好き。
相手の話を聞かずに自分の事ばかり延々と話し続ける男性はただのKY。
浮いてしまわないよう必ず話をしているほうが好きな女性に問いかけてあげる事が重要。
新しい巡り逢いにはいつも興奮するし面白いものだよね。
同僚の誘いにも負けず今度のクリスマスには・・・(^^)。
あたしもいつか家庭を持ったら料理が毎日。
そう考えると辛いよ。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ